>新規会員登録はこちら
>詳細検索はこちら
menu

【第1回】横井画伯独占インタビュー『30周年商品化企画に向けて』

~横井画伯独占インタビュー第1回~
『30周年商品化企画に向けて』

横井先生インタビュー


2018年は、SDガンダム放映開始から記念すべき30周年!
アニバーサリー企画として、SDガンダムの産みの親である横井画伯のプロデュースのもと、30周年を記念したアイテムを商品化することが決定しました!商品化するジャンルは、“アパレル”アイテム!
横井画伯にとっても、かつてない挑戦となる本企画。一体SDガンダムがどう“服”に生まれ変わるのか…?!

企画始動にあたり、横井先生に独占インタビューを敢行! 連載形式で、横井先生との商品化の様子をお知らせしてまいります♪


30周年記念アイテムは、2018年8月25日・26日に幕張メッセにて開催される「C3AFA TOKYO 2018」内の「バンダイ」ブースで先行販売・先行展示予定!さらに、バンコレ!ブースに来店された方を対象に、素敵なキャンペーンも…!?

横井先生 横井孝二(通称:横井画伯)
1968年生。学生時代に「模型情報」誌への投稿が注目され、10代からイラストレーター、キャラクターデザイナーとして活躍。氏のデザインした革新的な2頭身「SDガンダム」はディフォイルメを超えて長く愛されている。
twitter:@nisegundam

アパレル商品での企画と聞いて

バンダイ:まずは横井先生、本企画にご参加いただきありがとうございます!
早速質問になってしまうんですが、“アパレル商品のプロデュース”と聞いて率直にどう感じられたでしょうか。

横井先生 横井先生:これまでにやったことが無い仕事だったので、驚いたのと同時に嬉しかったです。

バンダイ:ありがとうございます!

横井先生:SDガンダムの仕事で言うと、これまではカードや立体での仕事が多かったので、今までとは取り組み方も変わってくる気もしていますね。

バンダイ:アパレルでの商品化の場合、ストーリー等の制約が少ない分、枠にとらわれず表現できる自由度の高さがあると思います。なので、そういったコメントがいただけたのは、我々としても嬉しいです!

“服”に落とし込むとき、今までと勝手が変わってくると思いますか

横井先生 横井先生:これまでの仕事では、決まったストーリーや設定の中で見せ方を考えることが多かったので、今回の企画では大きく勝手は変わるかと思います。
服の場合、普通に着てもらうための実用性なども考慮しないといけない。そういう意味でこれまでにない不安もあり、興味もあります。
ちなみに、以前ガンダムユニコーンのイラストを描きおろしてTシャツを商品化していただいた際に、 「今までこういう商品が無かったので、欲しくなった」といったお客さんの声を漏れ聞いたんです。
その時、素直に嬉しかったことも覚えていますね。



バンダイ:あのユニコーンTシャツですね!
ユニコーンバナージ

バンダイ:ガンダムカフェさんの方で販売をさせていただいた際、店頭でお買い求めいただいたお客様が商品の写真をSNSにUPしてくださり、それがきっかけで大きな話題になりましたね。
服に落とし込んだ際の反響が実際に大きかったこともあり、今回の企画ではそういった「アパレル商品ならではの意味・魅力」を深堀りすることが出来ればと考えています!

横井先生:カードとかだと、どうしても長い仕事の中で自分自身固まってしまっているところがあるんです。“こういうフォーマット”、“こういう内容”でやらなくちゃっていう。
そういう意味で言うと、今回非常に自由度の高いお話をいただいて、嬉しいんですがその反面、大丈夫かな…とも内心思っています(笑)

今後の進行イメージについて

バンダイ:横井先生にとっても新たなチャレンジとなる本企画。 ファンの方々もどんな商品が出来上がるか、全く予想がつかないかと思います。
先生の中では既にこうやって服をデザインしていこうとか、イメージが湧いてたりされるんでしょうか。

横井先生湧いてないです!(笑)
自分の中で初めからイメージが湧いている場合は一気に描き出してしまうんですが、今回の様な新しい試みの場合は、最初に何パターンか出すことになるかもしれません。その中から方向性を選んで、一つを深堀していくことになるかと思います。

バンダイ:では、次回早速デザインに向けたブレストをしましょう!
今からどんなイラストで商品化されるのか、とっても楽しみです!!



次回、横井先生とのブレストの様子をレポートいたします!



関連記事はこちら
横井先生インタビュー
【NEW】8月17日更新!
横井先生インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加