>新規会員登録はこちら
>詳細検索はこちら
menu

[リリース]スーホの白い馬/モチモチの木/スイミー/じぶんだけの いろ 名作絵本の思い出がよみがえるシーンがTシャツに!

~蓄光、タイダイ、大胆な表紙プリントなど物語にあわせたデザイン~


株式会社バンダイ アパレル事業部では、『名作絵本Tシャツ』シリーズより、「モチモチの木」「スイミー」「じぶんだけの いろ」「スーホの白い馬」の4作品をフィーチャーしたTシャツ(4,400円 税込/送料・手数料別途)の予約受付を、バンダイのキャラクターファッションサイト「バンコレ!」にて、2019年11月20日(水)11時に開始いたします。(発売元:株式会社バンダイ)

商品ページ:https://bandai-fashion.jp/item/item-1000140840/

商品特長

本商品は、名作絵本「モチモチの木」「スイミー」「じぶんだけの いろ」「スーホの白い馬」をフィーチャーしたTシャツシリーズとなります。それぞれの作品の特色に合わせ、様々な手法で物語をTシャツのデザインに落とし込みました。

『モチモチの木』 前回好評を博した「モチモチの木」からは、普段使いしやすいポケット付きTシャツが新たに登場。メインビジュアルや豆太がワンポイントでデザインされており、さりげないオシャレを楽しむことができます。またご要望にお応えして、オリジナル柄(豆太とじさまの特大プリント)とドラマチック柄(蓄光デザイン)を再販いたします。




『スイミー』/『じぶんだけの いろ』 「スイミー」からは蓄光素材を使用した遊び心に溢れたデザインのTシャツが登場。暗闇では大きな魚のデザインに様変わりする、まさにまぐろも逃げ出す仕様となっています。
「スイミー」同様、レオ・レオニの作品である「じぶんだけの いろ」からはインクジェットを駆使したタイダイ柄のTシャツが登場。試行錯誤の末に完成した、派手さと可愛らしさが共存する一品です。




『スーホの白い馬』 「スーホの白い馬」からはメインビジュアルをインクジェットで大胆にプリントし、絵本の表紙を再現したTシャツが登場。教科書にも載っている認知度の高い作品であるため、注目を集めること間違いなしの話題性に溢れたアイテムです。
またポケット付きのTシャツもラインナップ。ポケットの上には白い馬に乗ったスーホが細かく刺繍されており、モンゴルの広大さを彷彿させます。




商品概要

・商品名  :名作絵本Tシャツ
・種類    :モチモチの木、スイミー、じぶんだけの いろ、スーホの白い馬
(https://bandai-fashion.jp/item/item-1000140840/)
・価格   :各4,400円(税込)(送料・手数料別途)
・対象年齢 :15才以上
・商品サイズ:S~XL
・商品素材 :綿/ポリエステル
・生産エリア:中国/バングラデシュ
・販売ルート:プレミアムバンダイ内キャラクターファッションサイト「バンコレ!」 (https://bandai-fashion.jp/) 
・予約期間 :2019年11月20日(水)11時~2020年1月5日(日)23時予定
・商品お届け:2020年2月予定
・発売元  :株式会社バンダイ

©J.T/IWS 2019
Copyright © 2019 by Blueandyellow, LLC Licensed by Cosmo Merchandising
©Kenzo Akaba,Daishiro Akaba,Kiichi Akaba. Licensed by Fukuinkan Shoten

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※予告なく本文に掲載されている情報を更新する場合がございます。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
※日本国外で販売する可能性があります。




<モチモチの木>

豆太は、夜中にひとりでおしっこにもいけない弱虫。でも、大好きなじさまのために…。
真の勇気とは何かを問いかける感動の物語(斎藤隆介 作)を滝平二郎のきりえでダイナミックに表現した名作絵本。小学校の教科書にもこのコンビで掲載されていることもあり、老若男女の記憶に残っている作品です。

<スイミー>

小さな黒い魚スイミーは、兄弟みんながおおきな魚にのまれ、ひとりぼっちに。海を旅するうちに、さまざまなすばらしいものを見ます。そして、再び、大きな魚に出会いますが…。世界中で翻訳され、日本でもロングセラーを記録しているレオ=レオニの代表作です。

<じぶんだけの いろ>

カメレオンは、ひとつの悩みをもっていました。「どうして他の動物と違って、自分の色がないのだろうか」。春になって、彼はすばらしい答えを見つけます。かわいいカメレオンはページごとに色が変わり、鮮やかに描かれています。

<スーホの白い馬>

モンゴルに伝わる楽器、馬頭琴の由来。馬と少年の哀切な物語を、横長の画面を生かし、大平原を舞台に雄大に描ききったこの絵本は、国際的評価を受けています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加